ハイローオーストラリアの口座開設は学生でも可能なの?

最近、学生トレーダーという肩書きを持つ大学生などが海外ではメジャーになってきています。

日本でも株や為替のトレードをしたことがあるという大学生はいるかと思いますが、現在注目を集めるようになってきているバイナリーオプションをしたことがあるという学生さんもいるかもしれませんね。

そして、そうした金融取引に対する興味を持つ学生の中には、ネットで噂を聞きつけて海外バイナリーオプションサイトである「ハイローオーストラリア」を見つけてきたという人も少なくないようです。

しかし、ハイローオーストラリアは学生でも利用が可能なのか?というのが率直な疑問だと思います。

そこで、今回はハイローオーストラリアを学生が利用できるのかどうか?という部分をピックアップしながら、学生がバイナリーオプションをすることに対しての注意点などをご紹介していきます。

ぜひ学生トレーダーという肩書きに興味がある方は参考にしていってください。

スポンサードサーチ

ハイローオーストラリアの口座開設は学生でも可能なのか?

ハイローオーストラリアの登録はこちらから

まずハイローオーストラリアの口座開設について、学生でも可能なのかどうかについてお答えしておきましょう。

基本的にはハイローオーストラリアは職業ではなく、年齢で利用制限を設けています。

そして、その制限というのは

「満20歳以上」

ということになっています。

つまり、大学生であったとしても20歳を迎えていればハイローオーストラリアは利用できるということになりますね。

ちなみに国内の金融取引業者の大半も同じ条件です。

FX業者やバイナリーオプション業者など、ほとんどが満20歳以上からの利用に制限をかけています。

さて、それでは学生がハイローオーストラリアの口座開設をおこなうにはどうしたらいいのか?という部分について次に説明をしていきましょう。

学生がハイローオーストラリアの口座開設をおこなうには?

ハイローオーストラリアで口座開設をおこなうには、学生でもそれ以外でもやり方は一緒です。

こちらの公式ホームページからハイローオーストラリアの口座開設登録をおこない、本人確認書類を提出するだけで手続きは完了します。(ハイローオーストラリア公式ホームページ)

最短で翌日から実際の取引ができるようになりますので非常におすすめです。

しかし、「本人確認書類ってなに?ほかに必要なものは?」という疑問もありますよね?

また、「親にバレたりしない?」という不安もあるかと思います。

そこで、学生ならではのハイローオーストラリア口座開設における疑問を解決していきましょう。

<学生がハイローオーストラリアの口座開設をする際のQ&A>

  • 本人確認書類とは?
  • 住所確認用の書類とは?
  • 親にバレる可能性は?
  • 儲かりすぎると税金を払う必要がある?

こうしたことが学生の方からすれば疑問に感じる点だと思いますので、ひとつずつ解説していきます。

本人確認書類とは?

ハイローオーストリアの口座開設をする際には顔写真付きの本人確認書類というものが必要です。

その書類というのは以下の通り。

  • 運転免許証
  • マイナンバーカード
  • パスポート

おそらくこの中で学生の方がもっとも持っている可能性がある書類は運転免許証でしょう。

もちろんパスポートなどを持っていればさらに問題ないですね。

とにかくこの3つのうちどれかひとつがないと口座開設はできませんので用意をしておきましょう。

住所確認用の書類とは?

また、ハイローオーストラリアの口座開設にはほかにも住所確認用の書類というのも必要です。

先ほどの顔写真付きの本人確認書類と合わせて、この2つの書類だけ送付できれば口座開設は完了しますので、そこまでハードルとしては高くありません。

なお、住所確認用の書類と本人確認書類の住所は同一でなければいけませんので、その点だけ注意しましょう。

ちなみに住所確認用の書類として有効なものは以下の通りです。

  • 公共料金の明細支払いや領収書など
  • 携帯電話の明細
  • インターネット料金の支払い通知書

これらが学生でも用意できる住所確認用の書類となります。

ひとり暮らしなどであればガス・水道・電気といった公共料金の書類なども手元にあるかと思います。

なお、これらはすべて発行されてから3ヶ月以内のものでなくてはいけません。

<ここまでの必要な書類まとめ>

親にバレる可能性は?

ハイローオーストラリアの口座開設はすべてインターネット上でおこないますので、特に自宅・実家に通知がいくことはありません。

そのため、親に知られるということもまずないと言えるでしょう

儲かりすぎると税金を払う必要がある?

ハイローオーストラリアの口座開設をおこない、バイナリーオプションで儲かりすぎたら税金を払わなければいけないのか?と心配する学生の方もいるでしょう。

残念ながら学生であったとしてもバイナリーオプションで一定の収入がある場合は税金を納めなければいけません

ちなみに現在のところで言えば「20万以上の利益が出たら課税対象」となります。

また、「103万円以上の雑所得がある場合は親からの扶養対象から外れる」ともなっていますのでご注意ください。

ただ、「これまでにバイナリーオプションで20万円を使っていて、20万円やっと稼げた」などの場合は課税対象外です。

あくまで、トータルの収支でプラス20万円以上にならないと税金の対象ではないので、その点は自分で計算をしながらトレードをおこないましょう。

まとめ:ハイローオーストラリアの口座開設は学生でも可能

ハイローオーストラリアの登録はこちらから

ご覧いただいたように、20歳を超えている学生であればハイローオーストラリアの口座開設は可能です。

また、口座開設に関するハードルもそこまで高くありません。

日々のバイト代を増やすためにもちょっとハイローオーストラリアで稼いでみようという気軽な形でもまったく問題ありませんので、ぜひバイナリーオプションに挑戦してみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です